オンラインでのサービスを提供している企業にとって重要な指標となるLTV(Life Time Value)、ARPU(ユーザーあたりの平均売上)やMAU(月平均ユーザー数)を維持、改善するためには、どのようなデータ活用が必要とされるのでしょうか。

業界のリーダーとして牽引されている株式会社メルペイ様、株式会社ヤマップ様をお招きし、各社がどのようにデータ分析を行い、施策につなげているのか、また社内でのデータカルチャーについてお話いただきます。

DXを促進し、誰もがデータを最大限に活用するための実例をご紹介します。

本ウェビナーでは当日ご質問を受け付け、後日皆様に回答するQA形式を予定しております。

録画も後日お送りしますので、ぜひご登録ください。


開催日時:

2020年5月27日(水)

12:00 - 13:00 (終了予定)


講演1:「50人規模スタートアップの YAMAP が Looker 導入で実感したメリット」

株式会社ヤマップ
開発部 分析チームリーダー
松本英高 氏

YAMAP に7番目の社員としてジョイン。3年間バックエンド開発を担当し、2019年から分析チームの立ち上げに従事。 システム開発の経験と、学生時代の物理学の知見を活かして、データ分析という新たなフィールドに挑戦中。 現在は Looker を軸としたデータの民主化と、データ分析を絡めたプロダクトの新機能開発に取り組んでいる。 登山や釣りが趣味で、見た目と違ってアウトドア派。


講演2:「大規模にデータを利用する組織にLookerを導入するまで&導入後の文化について」

株式会社メルペイ
Data Management (merpay)
Data Manager 
長谷川 亮 氏

2011年 マーケティング・リサーチのインテージにてキャリアスタート。 データの生成、ガバナンス、フロー、分析などを学んだのち、WEBベンチャー、リクルートを経て2018年5月にメルペイに入社。当初はデータアナリストとして分析業務を行っていたが、スケールするデータ活用組織を作るためデータマネジメントチームを立ち上げ現在に至る。


Diane Stetche
Title

Frank Bien
Title

LLoyd Tabb
Title

Diane Stetche
Title

Jane Doe
AWS
Chief of Things

Frank Bien
Looker
CEO

The Webinar has passed

Sorry, this webinar has passed.
Check out the recording here.

参加お申し込み:

登録することにより、お客様は利用規約と個人情報保護方針を読み、同意したものとみなされます。



Lookerについて:
Lookerは、データドリブンな意思決定する上で必要なデータ探索・共有・洞察を提供するためのBI(ビジネス・インテリジェンス)機能を兼ね備えた次世代型データプラットホームです。